気になる包茎治療の方法と費用

包茎を直すには何が必要か?治療の前に知っておきたい事とは…

恋をする前に包茎治療をしよう。

しばしば、多くの男性のコンプレックスの原因となっている包茎は、症状に応じて、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎といった種類に分けられます。
陰茎が常に包皮におおわれ、自分ではどうすることもできないのが真性包茎ですが、手術して治療をすることで、勃起時の痛みもなくなり、まともな性行為ができるようになります。
ある意味、真性包茎以上にやっかいだとされているのがカントン包茎です。
包皮の先端が狭くなっているので、勃起時の衝撃で亀頭が締め付けられて、血流障害をひきおこし、うっ血することがあります。
この場合、早期に適切な治療を行うことで、亀頭の壊死という最悪の事態からペニスを守り、真性包茎と同様、性行為上の問題も解消することができます。
仮性包茎は、亀頭を覆っている包皮を自分で容易に剥くことができ、その際に痛みもなく、性行為にもとくに支障がないので、包茎治療を考える人は少ないようです。
しかし、亀頭が皮に包まれていることで、陰茎との間に垢がたまりやすく、不愉快な匂いの原因になり、パートナーの女性に迷惑がかかってしまうことがあります。
衛生上、何らかの病気の原因になる可能性もあります。
いずれの場合でも、包茎ということで人前で変に萎縮してしまいがちですが、包茎治療が無事成功すれば、精神的にも余裕ができ、恋愛にもっと積極的になれるというメリットがあることには間違いないでしょう。