気になる包茎治療の方法と費用

包茎を直すには何が必要か?治療の前に知っておきたい事とは…

包茎治療をして良かったと思うこと

自分が包茎かどうかというのは、実はほとんどの人は確信が持てないのではと思いますし、もし誰かから指摘されたとしても、自分が包茎であることを信じたくない人が多いと思います。
恥ずかしいという意識でクリニックで治療することすら避けてしまう人も多いですが、私は自分が包茎でしたが、包茎治療をして良かったと心から思っています。
まず何より良かったのは、メンタル的なことです。
旅行先や温泉でお風呂に入って誰かにバレたらどうしよう、親や彼女から下着が臭いと言われたらどうしよう、性交渉で彼女ががっかりしてしまったらどうしよう・・そういうマイナス的なことばかりを考えなくていいのは、こんなに気分が清々しいのかと、手術をした人はきっと気づくでしょう。
明るくなれば前向きになれます。
私は包茎治療をして、勉強にも集中して取り組めるようになって、ずっと憧れだった会社に就職することができました。
面接官が、君は目が輝いている、やる気に満ちている、と言ってくれたのを覚えています。
もし私が包茎のままだったら、そんな風に言われることもなかったし、その会社にも落ちていたかもしれません。
他にも衛生面でも手術をして良かったと思っています。
以前は風邪で熱がでると、とたんに包茎になっている部分が熱をもって痛くて、高熱の時には歩けないこともありました。
定期的に自分でシャワーをかけて中を洗い流さないと、時々炎症することもありました。
彼女に病気を移したりするリスクもなくなったことも、すべて包茎治療をして良かったと思うことです。